終活セミナー

終活セミナー


実は今年の初めに終活セミナーの講師をやったですよ。

 隣りの地域の高齢者施設の依頼で、その地域の一般の人向けに行いました。初めての経験でしたが、(もっと聞きたいなどと)評判が良くてよかったです。自宅で練習した甲斐がありましたです(笑)。

 ご依頼を受けるにあたって、色々と考えました。事前に施設の方に、葬儀について聞きたいことのアンケートをとってもらい、その中から要望の多いものをテーマ分けして、資料を作りました。そして、出来る限り、私や当社の実体験(実例)を盛り込んでいき、エンディンググノートを活用しながらの・・・という内容で行いました。

 一番心がけたのは、「東典礼の宣伝をしない。葬儀に関する勘違いや思い込みを払拭する。相談者としてアドバイスに徹底する。」ことでした。

 1時間弱では到底説明仕切れませんでしたが、「葬儀の事は、独りで考えないで欲しい」という思いは伝わったのかな? と、感じました。

 

 で、実はこの後日、別の方面からの依頼が・・・。

 今度は地域の「高齢者支援センター」主催の「地域ケア会議」にて2回に分けての公演でした。初回は地域の一般人向けでしたが、高齢の患者さんやその家族に直接に接している人→介護士、看護師、高齢者施設の責任者、医師、民生委員などの方に向けてのものでした。

 一般人向けでない内容にすべきか?と少し悩みましたが、先述の方々もいつかは「遺族」になります。そしてこれは、「今回とても大事なことにつながるな・・・」と感じました。

 なぜなら、高齢の患者さんの家族は、介護以外の直近の課題として、大なり小なり「死→葬儀」は頭から離れない状態であるでしょうから、介護士や看護師の方々は少しでも「葬儀」のことを知り、その気持ちなどを察したうえで家族と接する事で、よりよい介護・看護が出来るのでは? と、思いました。

 今回も今後も微力ながら、この手助けが出来れば嬉しく感じます。




 葬儀社は人の死の「直前、直後、その後」に携わります。

 医療関係の方々は人の死の「それまでの経緯、直前、直後」に携わります。

 交わる部分があるので、相互連携していく事はとても大事だと考えさせられた経験に感謝します。




 さて、これを縁に私も「高齢者支援センター」のメンバーになりました。少しサポートしながら、お勉強できたらなと考えています。
 また、同じ組織の依頼で、来年の1月には一般向けの終活セミナーを致します。ご縁があったら、未熟な講師ですがお会いしましょうね。



では。
09 : 45 : 16 | 葬儀のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アレサふれあいまつり 2014 | ホーム | 境川クリーンアップ作戦2014>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adumatenrei.blog58.fc2.com/tb.php/205-4040d5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール
氏名:あづまてんれい
生年月日:昭和51年8月
性格:社交的
地域のこと、葬祭業界のこと、その他に関 わった事などに関して、感じたことを綴らせていただこうと思います。
近所のこと
地域のこと
行事(イベント)
葬儀のこと
その他
最新情報

葬祭総合センター 東典礼
境川クリーンアップ作戦
QRコード

QR