(葬儀のこと)こんな記事を見かけました・・・

こんな記事を見かけました・・・。

本当なら通夜、葬儀への参列は非常識?
本当なら通夜、葬儀への参列は非常識?

 お葬式とひと口に言っても、〈通夜〉と、翌日の〈葬儀・告別式〉に分けられますが、実は本来、それぞれがまったく違う意味合いを持っている儀式なのです。
 あなたは通夜、葬儀、告別式の違いをご存じですか?
 まず、通夜とは本来、遺族や親しくしていた方々だけが集まり、故人と夜を過ごすことで、故人の霊を慰めるために行う、ごく私的な儀式とされています。
 続いて翌日の葬儀、告別式。訃報案内に〈葬儀・告別式〉と書いてあるため、この2つを一体化した儀式だと思っている方が多いようですが、当然、それぞれの意味合いが違います。
 葬儀とは、遺族や近親者が、故人の冥福と成仏を祈る“儀式”であり、仏教的には、故人が仏弟子として成仏できるように導くものとされています。
 一方の告別式とは、故人の友人などの関係者が最後のお別れをする儀式なのです。
 身内に向け、故人のために行われる葬儀と、外に向け、関係者がお別れするために行われる告別式。近年のお葬式の簡略化に伴って、まったく別の意味を持った2つの儀式がドッキングしたのが、いわゆる、〈葬儀・告別式〉なのです。
 本来は、通夜と翌日の葬儀を近親者のみで営み、一般会葬者は告別式にだけ参列するものでしたが、時代の流れからでしょうか、近年では都合がつきやすい通夜に参列するほうが、広く一般的となっています。
 そんなわけで、たとえ通夜だけに参列することになっても、失礼に当たるということはありませんので、ご安心を。


「へえ~なるほどね~」と、思わず感じてしまうような記事を時折見かけます。これもそのうちのひとつですが、日本の場合、「葬儀の歴史」自体もそんなに古くはないですし、現代のような形式の元祖になる、「一般市民=庶民」の葬儀も基本的には江戸末期頃からになります(財力のある商人から始まったらしいです)。
 おまけに本来の日本の宗教の始まりは「神道」で、その後、仏教、キリスト教が入ってきた歴史があります。皆さんのほとんどが、葬儀はお坊さんが来て(仏教)、クリスマス(キリスト)をして、初詣(神道)をしてというように、1年の行事に関してもごちゃ混ぜだと思います。いい意味で、「宗教に関して寛容、寛大」なんでしょうが、それ以外に「柔軟性」もあるがゆえに「通夜式の方が仕事の関係上、会葬しやすい」から、特に上記のことなど考えずとも、現代的になったのでしょうね。

 また、地域的に山形県などでは、(現代では大分なくなりましたが)お通夜式を5日前後行い、その間ずっと故人を偲んで飲み食いする慣習があります。と、なると上記の「通夜とは本来、遺族や親しくしていた方々だけが集まり、故人と夜を過ごすことで、故人の霊を慰めるために行う、ごく私的な儀式」とはチョット違うな?となります。けれど、昔は「近所の人=遺族(親族)や親しくしていた方々」で「村」が形成されていたのがほとんどでしょうから、そんなに遠くない意味合いにもなるんでしょうね。

 上記の記事では最後に「非常識ではないですよ」と締めています。そのとおりだと思います。要するに、色々な地域の慣習が少しずつ無くなって、「現代風な葬儀=都心よりの葬儀」になっていっているんでしょうね。

 ※ 都心よりの葬儀・・・生花祭壇、お別れ会、直葬、繰上げ初七日法要、火葬場にて精進落とし、                            無宗教の葬儀、ロッカー式のお墓、1DAY葬儀、お食事の生もの(刺身など)の使用・・・などもこれにあたります。 
 
12 : 12 : 16 | 葬儀のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<(行事)第5回「Aduプリ」は11月16日(火)! | ホーム | (地域のこと)境川の掃除>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adumatenrei.blog58.fc2.com/tb.php/18-c06c55ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール
氏名:あづまてんれい
生年月日:昭和51年8月
性格:社交的
地域のこと、葬祭業界のこと、その他に関 わった事などに関して、感じたことを綴らせていただこうと思います。
近所のこと
地域のこと
行事(イベント)
葬儀のこと
その他
最新情報

葬祭総合センター 東典礼
境川クリーンアップ作戦
QRコード

QR