火葬料金について

「火葬料金」についての記事を見つけたのでご紹介します(& 一言)。

東京都の火葬場料金は名古屋市の10倍で全国で圧倒的トップ- NEWSポストセブン(2012年7月19日07時00分)
 みうらじゅん氏は、1958年京都生まれ。イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、ラジオDJなど幅広いジャンルで活躍。1997年「マイ ブーム」で流行語大賞受賞。仏教への造詣が深く、『見仏記』『マイ仏教』などの著書もある同氏が、“火葬料金”の全国格差について解説する。

 * * *
 皇族の方もお使いになった火葬場、東京は新宿の落合斎場。上は17万7000円から、下は5万9000円まで、3ランクの火葬炉を取り揃えていた。

 この最低料金5万円。17万円に比べれば“安い”ことは間違いないのだが、これってどうなんだろう? そこでまず東京23区の火葬場の最低料金を調べてみた。(下記データA参照)

 落合斎場を含めた、資料の一番上の6つの斎場は東京博善という民間会社が経営していて、その下の戸田葬祭場も民間。そして残りが公営である。

 臨海斎場だけがやけに安いが、この火葬場は、港、品川、目黒、大田、世田谷の5区が共同で運営しているため、その5区の住民以外はこの料金では使えず、いきなり7万円になる。東京23区で火葬をする場合、おおむね約6万円というのが相場ってもんなのだろう。

 しかし、この相場は、全国の火葬料金と比べた時、相場でもなんでもないことが発覚した! ありがたいことに、ポスト編集部が、全国いくつかの都市の火葬料金を調べてくれた。とにかく資料を見てほしい!(下記データB参照)

 もちろん、その都市の住民が火葬される場合の料金で、他市民が使う時は一気に跳ね上がるのだが、とにかく愕然である。まいったとしかいいようがない!

 東京都の相場だと思いこんでいた5万9000円という料金は断トツに高い! 実は、東京のように民間火葬場が主流の地域は全国的にもレアケース。それは歴史的背景や、東京の土地も少ないという地理的特性からしょうがないし、民営が高額というのもしょうがない。

 でも福祉でしょ、火葬って。それも誰もが絶対に最後は受けることが決定している究極の福祉じゃないですか? ならば施設は民間主流でも、都なり区なりが補助をだして、我々住民の負担は他都市と同じくらいにしてくれたっていいんじゃないかと思うんだけどな~。

【データA】23区火葬場料金表
民間:東京博善経営6斎場
(町屋、落合、代々幡、四ツ木、桐ヶ谷、堀之内) 59,000円より
民間:戸田葬祭場(市民葬/区民葬料金) 59,000円より、53,000円
公営:端江葬儀場 54,600円
公営:臨海斎場 23,000円

【データB】全国主要都市火葬場
札幌市(2施設) 無料
仙台市(1施設) 9,000円
千葉市(1施設) 6,000円
さいたま市(1施設) 7,000円
名古屋市(1施設) 5,000円
京都市(1施設) 15,000円
大阪市(5施設) 10,000円
広島市(5施設) 8,200円
高松市(4施設) 20,000円
福岡市(2施設) 20,000円

※週刊ポスト2012年7月20・27日号



(以下は私のツブヤキです・・・)

 確かに「都内」は「火葬料金」が高いですよね。実はこれ以外にも(一部を除い)概ね高めなものもあります。

 例えば、「斎場使用料」とか「宗教者のお礼」とかですね。それ以外の「料理」や「返礼品」はほぼ変わりません(但し、別途「人件費」を請求する場合がある)。

 でもまあ、「土地代」や全体の「物価」を考えると、他の分野(駐車料金とか家賃とかね)でも地方と比べると「高額」となるのでしょうから「致し方ない」のでしょうね。



 また、上記の中に「都や区が補助をして~」というくだりがありますが・・・。

 当社の隣りには「公営の火葬場+斎場」があります。こちらは「町田市が委託運営・管理。町田市・多摩市・八王子市・日野市・稲城市の組合経営(協同出資)」なので、「居住者(現住民登録がこの市にある)」方の場合は「火葬料金は無料」となります。

 また、当社がよく利用する相模原市にも「公営の火葬場+斎場」があり、「火葬料金な関する条件」は上記と同じです。

 ちなみに、「居住者以外の人(故人)」が利用する場合はどちらも¥60,000-くらいの「有料」となります。

(例:相模原市に住んではいるが、未だ住所・住民登録変更等をしておらず、町田市に現住所がある人が死去した際、相模原市の公営火葬場で火葬すると「有料」となる)

 しかし、どちらも基本的には「年間、数億円の赤字経営」です。将来的には他市のように基本的には「火葬料金は有料」となるかもしれません。

 さて、話しは戻りますが、そうなってくると「都や区が補助をして~」はちょっと無理かな?と、なりそうですね。(ただでさえ、生活保護の受給者は増えているし、景気が悪くて税金の未納も多い訳ですから、予算を組めないという現実があるでしょうし・・・)



 とはいえ、例えば国民年金加入者が死去した場合などは「死亡一時金」等を受け取れます(→ 市役所へ聞いてください)ので、「火葬料金が有料」となっても数万円の範囲ならば概ね「無料」となるでしょうけれどね。


以上です。
12 : 49 : 48 | 葬儀のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<久しぶりに勝った~!!(涙) | ホーム | 第14回 「Aduプリ」を開催しました!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://adumatenrei.blog58.fc2.com/tb.php/106-7a4e5313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール
氏名:あづまてんれい
生年月日:昭和51年8月
性格:社交的
地域のこと、葬祭業界のこと、その他に関 わった事などに関して、感じたことを綴らせていただこうと思います。
近所のこと
地域のこと
行事(イベント)
葬儀のこと
その他
最新情報

葬祭総合センター 東典礼
境川クリーンアップ作戦
QRコード

QR